Menu

マナー研修

Home

マナー研修

マナー研修にかける思い・計画

ホテルは「マナーの館」とも言われるように、身だしなみ、挨拶、立ち振る舞いまできちんとしていることが求められます。
全国的に高い評価を得ているホテルや旅館は、スタッフの接客の素晴らしさが要因になっています。
宿泊されているお客様から見れば、客室清掃員もそのホテルのスタッフの一員です。

客室を清掃する時は、その施設をお客様が選んで下さったことに感謝し、感動を与える「客室創り」の一員であることを忘れず、お客様の目線や気持ちになって部屋の清掃に取り組まなければなりません。
難しいことではなく、ごく一般的なことではありますが、基本的な挨拶や連絡が出来ない、言葉遣いや立ち振る舞いがぞんざいであると、お客様からの信頼を失うばかりでなく、スタッフ同士のコミュニケーションにも支障が出てしまいます。コメットでは、新人スタッフばかりでなく、ベテランスタッフも含め、改めて研修をすることで個人個人の思い込みを修正したり、場面場面での対応力を身に付けるためにも「マナー研修」を行っています。

マナーとは、縛られたルールではなく、相手を思いやり、敬う気持ちであり、相手の感情に配慮する行動や言動です。一人ひとりが身に付けることで、「また来たい」と思って頂き、心からの「おもてなし」が出来るように努力を怠りません。

今年度はマナー編とコミュニケーション&クレーム対応編を学びました

4月14日、プロの講師をお招きし、ホテル鐘山苑様でSTAFFスキルアップセミナーを開催いたしました。
今年度のテーマは『マナー編とコミュニケーション&クレーム対応編』。
矢頭社長の挨拶で始まり、接客マナーの更なるスキルアップを目指して開催されました。